料理のいろいろ 料理お悩み

薄味な食生活に必要な○○とは?

投稿日:

 

こんにちは。

料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで!
オーダーメイドカリキュラム型料理教室

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

あなたの普段の食生活は、薄味ですか?

 

塩気が多かったり、

べったり砂糖を使ってみたり、

ソースやマヨネーズ、ドレッシングをドバドバかけてみたり

することはないですか?

 

たま~にやってます~~。

外食するときは、それしかないから~~。

他に味つけが思いつかないときなどは~~。

 

ぐらいなら、まだ大丈夫なんですが、

 

 

「普段の食事がそうです。」

「味が薄いと食べられないんです。」

「子供が好きだから。」

 

なんて、

毎日の食事、普段の料理がそうなら、

かなり重症です。

 

 

今すぐにでも、

食生活を変えるべきです!!

(キッパリ!)

 

何年後、何十年後は、かなり身体が不健康になりますよ^^

 

イライラすることが多くなったり、
集中力、体力なども低下しますよ。

 

 

濃い味、出来あいモノの味しか

感じられないのは、

味覚がおかしくなっている証拠です。

 

 

完全に身体からの警告信号です。

 

 

本来の食事は、

食材の味を感じて、食べるモノ。

 

それを手助けする、引き立てるために、

より美味しくするために

味をつけて料理するのです。

 

食材を活かすために、味をつけるのですが、

味が濃すぎると、本来の味がわかりませんよね^^

 

 

その”わからない”が、警告なんですね。

 

 

では、

そうならないためには、どうすれば良いのか?

 

 

それは、

味覚を変えるべきなんです。

味覚を整えるべきなんです。

 

 

味を”感じる””わかる”味覚にするには、

本来我々が食べるべき和食を中心とした食生活

送れば、よいのです。

 

和食は、食材を活かす料理です。

そのために和食はダシを使います。

1a0d7b7251031266f1d373ab98f8dd63_s.jpg

 

 

一番だし、カツオだし、合わせだしなどですね。

 

命のダシ

とも言われていますよね。

 

ダシには、旨味を多く含んでいるので、

食材の本来の味を補う、支える、引き立たせる役割をします。

 

しかも一辺倒な単純な味でなく、
いろんな複雑な成分が合わさって旨味を作っているので、

深く淡い味わいを作ることができるのです。

 

和食のダシを普段の食生活にとりいれる。

ダシを活かした料理を当たり前にする。と、

 

味覚は、変わっていきます。

味覚は整っていきます。

 

 

そうすると、

ダシを活かした薄味な食生活を送ることができるんですね。

 

 

ダシを上手につかうことは、
あなたの未来の食生活や健康をも支えるのです。

 

薄味な食生活を願うなら、
普段の生活から始められるダシ生活を始めませんか?

 

ダシを活かした和食の基本を手にする料理力アップ無料相談会!

8月枠 募集開始!

個別相談会バナーだし.png

▽▼▽お申し込みはこちら▽▼▽
http://otousan-syokudo.com/soudannkaiannnai/?m08021
=

【方法】
ZOOMでの対応になります。(簡単なテレビ電話のようなものです)
・スマホ、パソコンをお持ちの方なら誰でも参加可能です。


・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたい

その想いを形にする具体策を手渡す個別相談会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

-料理のいろいろ, 料理お悩み
-

Copyright© 「家庭の味」を作るオンライン和食料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.