未分類

冬至は、”ん”がつく食べ物を食べると言われてるけど、ちょっと一言いいかね

更新日:

冬至には、
”ん”がつく食べ物を食べる風習があります。
しかも”ん”が2つついているものですね。

それについて思ってることあるんですよ!!

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

冬至は、
”ん”のつく食べ物が縁起の良い物とされ、
それらを食べることを「運盛り」とする風習があります。

 

 

その「運盛り」の食べ物が
冬至の七草とされています。

こちらです。

南瓜(なんきん)かぼちゃ
饂飩(うんどん)うどん
人参(にんじん)
蓮根(れんこん)
金柑(きんかん)
銀杏(ぎんなん)
寒天(かんてん)

だいこん、みかんもOKみたいです。

 

ここで、ちょっと一言なんですね。

 

まあ、、うどんは昔の言い方すればOKなんでしょうが、

現代では、
チンゲンサイ、かんらん(きゃべつ)、ブンタン、ポンカン、などもありますし、

元々は中国から思想によるものだろうから、
調味料だけど、

テンメンジャン、トウバンジャン などや、

料理名も良いなら、

けんちん汁、ワンタン麺もあるぞ

と言いたいわけです。

 

まあ、ちょっとしたツッコミと思っていただければ、
幸いです。

 

ではでは、
良い家族時間をお過ごしくださいませー。

 

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-未分類
-,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.