料理初心者の男性、料理苦手な女性注目!和食の基本が自宅で簡単に学べる、個人、マンツーマン対応の料理教室。広島から発信

自宅で和食の基本が簡単に学べる通信型料理教室「お父さん食堂」

炊き込みごはん



▼メルマガ登録で無料PDFがもらえます▼
http://otousan-syokudo.com/takikomi01/?kiziue=

料理のコツ

天つゆ活用法!!丼物に丁度良い濃さなんです。

更新日:

天つゆは、天ぷらだけで使うのはもったいない。

実は、子供も大人も大好きな
あの丼ものを作るには、最高の割合なんです。

 

節分の日は、仕事で巻き寿司を巻くのに
追われる
"めしメン" 山下としあきです。

 

先日は、天ぷらのつけつゆ、天だしについて
お伝えしましたね。

その天つゆが天ぷらだけでなく、
他の料理にも使えるやり方をお話ししますね。

 

天つゆ。

しょうゆ、みりん、= 1
だし       = 4

の割合でしたね。

 

この割合は、けっこう濃い~です。

そのまま煮付けにするとがっつりと辛くなります。

 

しかし丼ものだと丁度良くなるんですね。

それは、親子丼に代表される玉子でとじる丼です。

 

親子丼、カツ丼、玉子丼。。。

ですね。

 

濃いー味が玉子が入ることで、中和されて、
丁度良い濃さになるんですね。

しかもごはんががっつける丁度良い濃さにです。

 

 

作り方は、簡単。
(例えば、親子丼ね)

 

1.天つゆの割合(しょうゆ、みりん各1、だし4)を鍋に沸かす。

2.玉ねぎ、鶏肉を入れる。

3.火が入ったら、玉子を入れて、お好みの固さになれば完成です。
(最後に三つ葉を入れる)

 

たったこれだけで、簡単に丼が作れちゃいます。

玉ねぎの甘みが加わるので、
ごはんが進みやすくなるんですね。

是非、お試しくださいね(^▽^)/

 

メルマガ登録で無料PDFをゲットしよう!

▼下の画像をクリックしてください▼
(メルマガ申し込みページにいきます)

「お父さん食堂プログラム はじめの一歩コース」

 

 

料理の基本と仕組みを3ヶ月で学べる料理初心者のための通信型料理プログラムです。

お申し込みは、こちらから

 

【プロが教える料理のヒミツ、コツをお伝えしてます】

▼メルマガ登録で無料PDFがもらえます▼
http://otousan-syokudo.com/takikomi01/?kizikimatu=
 

-料理のコツ
-, , ,

Copyright© 自宅で和食の基本が簡単に学べる通信型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.