食材を知る

一番みんながやってる、玉ねぎの辛みを抜く方法は?

更新日:

先日から、玉ねぎの辛みを抜く方法をお伝えしています。

 

こんばんは。
"めしメン" 山下としあきです。

 

春は新玉ねぎのシャキシャキと甘みが美味しい季節です。

あまり辛みを気にすることもないのですが、
普段の玉ねぎはやはり気になります。

 

辛みの成分は、硫化アリルでした。

 

硫化アリルは、揮発性なので、
広げておけば、辛みは抜けていき、
旨味も栄養価も抜けにくいとお伝えしました。

onion-slice-knife-food-37912.jpeg

 

今日は、2つ目のやり方をお話ししますね。

 

一番行っているやり方ですね。

 

水につける。水にさらす

です。

 

このやり方って、もう当たり前になっていますよね。

 

なぜ?このやり方が有効なのかわかります?

 

それは、辛みの成分の硫化アリルが水溶性だからです。

 

 

だから、水につけておけば
硫化アリルが溶け出してしまうんですよね。

 

 

しかし、溶け出すのは、硫化アリルだけではないってこと。

 

 

そう!

 

旨味や栄養素も一緒に溶け出すんですよねー。

 

 

そこが難点なんです。

 

さらに、水につけている分、
玉ねぎが水っぽくなるのも、必然ですよね。

 

 

なので、

玉ねぎを水にさらす、水につけるのは、

辛みは抜けるが、他の旨味や栄養素も抜けるってこと。

しかも水っぽくなるってこと。

 

を覚えておいてくださいね。

 

 

じゃあ、どうすりゃいいの?

ってなりますが、

何でも加減が必要ってこと。

 

水につける時間を短くする。
ざるに打ち上げるだけでなく、
しっかりと水気を拭く。

 

というやり方で、調整してくださいね。

 

ではでは、
良い家族時間をお過ごしくださいませー。

 

 

 


・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたい

その想いを形にする具体策を手渡す個別相談会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

-食材を知る
-, , , ,

Copyright© 「家庭の味」を作るオンライン和食料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.