調味料を知る

知っておきたい!しょうゆの調理効果 その1

更新日:

日本の代表的な調味料
しょうゆ。

美しい色とふくよかな香り
5つの基本味を持ち合わせた万能調味料です。

 

 

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

今回は、和食の顔といってもいいほど、
味つけの素になる調味料、しょうゆのお話しです。

 

しょうゆには、便利な調理効果があるんですね。

 

けっこう皆さん自然に調理されているので、
気づかずにやっていることもあるかも知れませんね。

今回はそれを改めて見直す感じで捉えてもらってかまいませんよ。

 

 

1.消臭効果

 

しょうゆに含まれる香りや色の成分が材料の臭みの原因物質を中和させて
臭みを消します。

 

調理前にしょうゆをふりかけて、
「しょうゆ洗い」
するのもこの効果を利用するものです。

 

しょうゆ洗いは、魚の切り身などに行うことが多いですね。

 

 

 

2.加熱効果

 

加熱すると、しょうゆに含まれるアミノ酸と糖分が反応して、
「メラノイジン」という色素物質ができ、香ばしさと照りが生まれます。

 

焼き鳥のタレが、料理を美味しそうに演出しているのは、
この効果によるものなんですね。

 

 

 

 

3.相乗効果

 

しょうゆのグルタミン酸と、かつお、煮干しだしのイノシン酸、乾燥しいたけのだしのグアニル酸が合わさると
旨味が深まります。

 

和食の煮物、焚き物が美味しいのは科学的にも立証されていますね。

 

 

 

今回は以上ですが、

しょうゆの調理効果はまだあるので、その2に続きます。

 

 

ではでは、
良い家族時間をお過ごしくださいませー。


・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたい

その想いを形にする具体策を手渡す個別相談会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

-調味料を知る
-,

Copyright© 「家庭の味」を作るオンライン和食料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.