調味料を知る

酢の調理効果その2 ○○を増したり、○○を引き立たせます。

更新日:

酢の調理効果その2は、あまり知られていない効果をシェアします。

酢を加えるだけで、いろいろと便利な調理効果があります。
知っておくと、料理力アップに繋がりますよ。

 

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

前回は、酢の調理効果で、
あなたが当たり前に知っているもの。
(みんなが常識として知っているようなもの)

 

しかし今回は、あまり知られていない調理効果です。

 

 

1.コクと甘み

 

酢は、酸味だけでなく、甘み、旨味、コク、香りも備わっている調味料なので、
炊く、煮込み料理に加えると、味がまろやかになり、甘みがまします。

 

 

2.減塩効果

塩分控えめの調理に少量の酢を加えると、十分な塩味を感じられます。
これは、酢には塩の味を引き立たせる効果があるためです。

 

 

 

3.煮崩れ防止

 

煮魚の仕上げに少量の酢を使うと、魚の表面のタンパク質を固めて、
煮崩れを防ぎ、仕上がりが美しくなります。

 

 

 

今回の3つの効果はあまり知られていない調理効果。

酢は,

単なる酸味を加えるもの。
すっぱいもの

だけではないんです。

 

いろんな要素(酸味、甘み、旨味、コク、香り)が加わったものなんですね。

知っておくと、お得な調理効果ですよ。

 

 

ではでは、
良い家族時間をお過ごしくださいませー。

 

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-調味料を知る
-, , ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.