調味料を知る

砂糖の調理効果その2 卵料理をふんわりさせる

更新日:

砂糖には、いろんな調理効果があります。
その効果を知って、
砂糖と上手につきあっていきましょう。

卵料理がふんわり効果で美味しくなりますよ。

 

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

今回は、

砂糖の調理効果その2

卵料理をふんわりさせる 

です。

 

 

オムレツや卵焼きは、
ふっくら、ふんわり、とろとろ
が美味しいですよね。

 

とろとろは、火の入り具合だったり、焼き方だったりする部分が多いのですが、

ふんわり、ふっくらは、
砂糖を少し加えることで、効果を発揮します。

 

いつものオムレツ、卵焼きの味付けに砂糖を加えるだけ。
簡単ですよね。

 

これは、
卵に含まれる水分が砂糖によって吸収されて、
タンパク質の固まる凝固温度が高くなり、緩やかに固まるからなんですね。

 

 

 

甘いオムレツや卵焼きが苦手な人もいると思います。

(僕がそうです。)

 

そう言う人は、味をつけない程度、
ほんの少しだけ砂糖を入れてみてください。

 

少しでもちょっとした効果がありますよ。

ふっくらふんわり滑らかな卵料理をお試しくださいね。

 

ではでは、
良い家族時間をお過ごしくださいませー。

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-調味料を知る
-, , , ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.