料理お悩み

料理が苦手な人の5つの特徴

更新日:

 「料理が苦手なんです~」と
出会う人によく言われる機会が多いんですよね。

僕は、苦手というより、億劫な要素が強いんだな
と、感じてしまいます。

 

こんばんは。
"めしメン" 山下としあきです。

 

最近、料理が苦手
と思い込んでいる人に良く出会います。

 

そんな人たちの話をきくと、
似たような特徴があることに気づきました。

 

写真 2018-03-07 21 59 26.jpg

 

あ!私かも!

って思われる人もいるかも知れませんが、
ご了承くださいね。

 

その特徴とは、

1.理由を知らない
2.集中しない
3.味見をしない
4.思い込みでやっちゃう
5.時短にとらわれすぎてる。

 

今日は、まず1つ目。

・理由を知らない

をお伝えしますね。

 

料理を作る過程で大切なのは、
なぜ、この行程をするのか
です。

料理の行程には、必ず理由があります。

食材→料理 になるためには、
こうすることで、美味しくなる理由が存在するんですね。

 

その理由を知らないで、作業をすれば、
なぜやっているかがわからないので、
加減や調整ができなくなるわけです。

 

となると、美味しい料理ができるわけないんです。

 

料理の行程は、何事も理由があるんです。

 

その理由を知れば、応用力も正しく身についていくので、
料理がどんどん上達するのです。

 

そうなれば、苦手意識もなくなります。

 

料理上達の道は、
まずは、理由を知ることなんです。

 

「お父さん食堂」では、
その理由を伝えることを大切にしています。

 

明日に続きます。

 

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-料理お悩み
-, ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.