料理の雑学

料理の意味は2つある!?その1

更新日:

料理って意味が2つあるのを、
あなたは知っていますか?

こんばんは。
山下としあきです。

 

料理って言葉。

日常で使っている意味が2つあるんですね。
それを少し紐解いてみますね。

 

1つ目は、
食材を加工してできた完成品のこと。

 

食材を洗って、切って、
焼いたり、炊いたり、揚げたりして、
何かと組み合わせて、
味をつけて、
器に盛りつけたもの。

です。

 

8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s.jpg

「料理ができあがりました」
「この料理、美味しい!」

この意味で、普段使っていますね。

日本料理、フランス料理、中華料理や
郷土料理、などという言葉も

同じ意味で使っています。

 

日本の手法を用いてできた料理。
フランスで作られてきた料理。
中国4千年の歴史ある料理。

地方(郷土)で受け継がれた料理。

ですね。

2つ目の意味は、○○と同じ意味で使われています。
○○と料理の区別がついていない人がけっこう多いんですね。

 

それはまた次でお話ししますね。

料理と調理は同じ意味なの?その2

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたいその想いを形にする具体策を手渡すオンライン料理教室体験会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

-料理の雑学
-, , ,

Copyright© オンライン料理教室「お父さん食堂」@広島 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.