通信型料理教室「お父さん食堂」

リアルと通信型の料理教室の違いは?

更新日:

通信型料理教室の全貌について
解説していきますね。

 

こんばんは。

昨日は、雪が降る宮島かき祭りで忙しかった
"めしメン" 山下としあきです。

 

先日からの続きで、
通信型料理教室って、どんなもの?

からの、

リアルな料理教室と、
通信型料理教室の違いについてお話ししますね。

 

リアルな料理教室は、

その料理教室を行う場所にいって、

エプロンや料理器具を用意して、

実際の先生から、

座学的な授業であったり、
料理実践だったりを学び、

参加者がその後に

料理実践からの試食。
(料理実践がないところもある。先生が作ったものを試食するだけ)

が、主流だと思います。

41f5ac02506afef22d890a2c3fc4b7a9_s.jpg

 

その時に先生が料理の雑学や栄養学、
失敗しないポイントや美味しくなる秘訣
などを解説してくれるのでしょう。

 

この方式は、料理教室に主体性があります。

料理教室のペースに合わせて、
受講生がついていっている。

形式になっています。

しかし、通信型料理教室は、
受講生に主体性があるんです。

通信型料理教室は、

1.テキスト、動画、メッセージを見て学び、
その時の課題を実践しレポートを提出します。
(課題は料理実践や、家族や料理環境を見直すレポートがあります)

2.レポート提出後、講師の山下が添削し解説、回答します。

3.その後、また同じ課題を行っても良いし、次の課題に進んでも良く、
 受講生にあった歩み方で進んでいきます。

通信型料理教室の歩み方は、

受講生の家のキッチンで、
受講生の家庭や環境、地域性に合わせて、
受講生のやりたいときにできるんです。

 

ここまでは、
先日のメルマガでお伝えしましたね。

 

さらにリアルとの違いは、

再現性です。

 

リアルな料理教室だと、

その時はリアルに美味しい料理が出来上がっていくのを
目の当たりにし、嬉しくなっていますが、

 

いざ自分の家でやってみようと思うと、

「あれ、どうやるんだっけ?」

「思った通りにいかないな?」

なんて話をよく聞きます。

 

しかし通信型料理教室だと、
手元にテキストや動画があります。

 

わからなくなったり、
不安になれば、
すぐさまそれを見て確認できます。

 

 ほんと、スマホ1台手元にあれば、
すぐに料理の確認がとれ、不安なく
料理を実践することができます。

 

しかも実践してからの不安や疑問もあるでしょう。

 

そんな時はメール無制限でのお問い合わせが可能なので、
次につながる回答を手に入れることができます。

 

料理実践前、中、後ろまでを
通信という現代にあったツールで対応ができるので、

受講生の料理力はどんどん成長していくのです。

 

リアルと通信型料理教室との違いの1つは、
再現性なんです。

 

自宅でできる。
自分の時間でできる。
自分がいる地域や環境が活かせる。

しかも再現性のある料理教室で、
料理のチカラを成長させませんか?

 

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-通信型料理教室「お父さん食堂」
-, ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.