料理のコツ 料理のいろいろ

あなたにとって、優しくてほっとする料理って何ですか?

更新日:

 

こんばんは。

料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで!
オーダーメイドカリキュラム型料理教室

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

今日は、野菜料理について

お話ししています。

 

和食の副菜は、野菜の宝庫です。

 

多くの野菜を食べることができます。

 

その中でオススメしたいのが、

お浸し

です。

 

e912e6dd532db92cbba0a8fe1068eea7_s.jpg

 

 

えーーー。以外。。。

 

なんて、言われるかも知れませんが、

 

野菜とダシの旨味を感じられて、

しかも、

簡単にできる野菜料理です。

 

茹でたり、蒸したり、焼いたり、揚げたり

してから、

ひたし地(ダシを味つけした汁のこと)につければ

できあがり。

 

ひたし地があれば、

すぐにできます。

 

ささっとやれば、

5分もかからないかもしれません。

 

 

しかも、

いろんな組み合わせもできますし、

アレンジもできます。

 

そして、

 

旬のモノ、季節のモノでもできますし、

困ったときの

かさ増しもできます。

 

さらに、

次の日には、

白和えにしたり、

ごま和えにしたり、

辛子和えにしたりと、

 

変化していける料理です。

 

野菜とダシ。

 

ヘルシーで健康的な要素を含み、

とても簡単な野菜料理。

 

お浸しを普段の食生活に取り入れることをオススメします。

 

 

でも。。

ひたし地。。

 

ダシをとるのが面倒。。

 

なんて言われるかたは、

 

かつお節にしょうゆ、ポン酢をかければ、

お浸しっぽくなります。

d7f99a23432aa2afbb2f4778a47bc6b4_s.jpg

どうしようもなく時間がない時や、

もう1品欲しいなと思われた時には、

便利ですよ。

 

そもそも

僕がお浸しをオススメする理由の1つに、

 

お浸しって、なんかほっとしませんか?

 

単純な料理に、美味しいダシが含んである。

しかも野菜もほどよく柔らかい。

 

すごく優しい料理だと思うのです。

 

お肉やお魚ほど強くなく、

野菜とダシの調和が好きなんですね^^

 

固さも柔らかくできるので、

小さい子供にも最適です。

 

あなたも、

お浸しを普段の食事に取り入れて、

ヘルシーな食生活、

野菜を食べる食事にしてくださいね^^

 

和食の副菜を含んだ献立の組み立て方や、

料理アレンジの相談も受け付けています。

 

ぜひお会いするのを楽しみにしています。

 

ダシを活かした和食の基本を手にする料理力アップ無料相談会!
 募集中!

個別相談会バナーだし.png

▽▼▽詳細・お申し込みはこちら▽▼▽
http://otousan-syokudo.com/soudannkaiannnai/?m08033
=

【方法】
ZOOMでの対応になります。(簡単なテレビ電話のようなものです)
・スマホ、パソコンをお持ちの方なら誰でも参加可能です。

 

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-料理のコツ, 料理のいろいろ
-, , ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.