わが家の料理

酸っぱくない!わが家の冷やし中華のタレの作り方

更新日:

冷やし中華って、けっこう
甘くて酸っぱいですよね。

そんな冷やし中華のタレが苦手で、
家で食べる時は、手作りしてます。

家だと、いろいろアレンジもできるんで便利ですよー。

 

 

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

夏も少し終わりの兆しが見えてきましたが、
まだまだ暑くてじめじめしますよね。

 

そんな時はめん類、冷やし中華食べる人も多いでしょうね。

「冷やし中華始めました~」

も夏の風物詩になってますしね。

 

 

暑い日には、冷やし中華でさっぱりとー
って、気分ですが、

僕はちょっとあの冷やし中華の酸っぱすぎるタレが苦手。

 

酢を入れることは、賛成なんですが、
ちょっと酢がききすぎるんですよね。

しかも砂糖の甘さがけっこう入ってるんで、
後味もけっこう甘ったるかったりします。

 

 

そんな思いがあったので、
家で作るときは、タレはやっぱり手作り。

 

こっちのほうが、いろいろアレンジもできるし、
残ったタレもいろんな料理に活用できるから、
便利だしね。

 

そんな冷やし中華のタレをシェアしますね。

 

(基本のタレ)

しょうゆ     大さじ2
みりん      大さじ2
酢        小さじ1
だし       120cc
オイスターソース 大さじ1

すりごま、ラー油はお好みで。

 

 

一緒に食べる具材や人によって、
この基本のタレにいろいろとアレンジを加えていきます。

 

子供が食べるなら辛みがないようにしますし、

辛みがほしいときは、
ラー油、練り辛子、マスタードをお好みで加えたり、

ごまだれがお好みのひとは、
練りごま、すりごまを加えてもいいでしょう。

 

 

 

ちなみにわが家は、
基本のタレに練りごまをいれて、さらにコクを加えています。

子供はそのタレで食べてもらってます。

大人は、それに食べるラー油を加えて辛みを調節して食べます。

途中から、またラー油たしたりと、
変化をつけながら楽しんでいます。

 

 

この基本のタレは、余っても他の料理に活用できるので、
便利ですよー。

 

 

それは、また次回にお伝えしますね。

 

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-わが家の料理
-, ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.