わが家の料理 お父さん食堂の想い

ひな祭りで頑張る理由

更新日:

もうそろそろひな祭りの仕込みを始めます。

 

こんばんは。
"めしメン" 山下としあきです。

昨日は、去年作ったひな祭りの料理をシェアしました。

P1070869 - コピー.JPG

 

大変、嬉しい感想をいただけたので、
恐縮でした。

 

今日は、レシピではなく、
ここまでやってしまう理由についてお話しますね。

 

ウチは娘が2人います。

まだ2人とも小さくて、
5歳と8歳です。

2人共可愛くてとても大好きです。

 

そんな2人を喜ばせたい。
2人の笑顔を見たい。
「美味しい!」って言って欲しい。

など、

”今を”楽しませたい!
という想いがあります。

 

さらに加えて、ある想いがあります。

 

こちらも同じくらいの熱量の想いがあります。

それは親としての責任というか。
親だからできる教育というか。

 

詳しくお話ししますね。

 

 

ウチは娘が2人です。

 

将来、娘たちはどうなっていくでしょう。

 

20年後、30年後には、結婚して
他家に嫁いでいくことでしょう。

 

さらには、子供も産んで家庭を築くでしょう。

 

そうなった時に、その娘が生んだ子供に、
ひな祭りなどの行事で、
しっかりと楽しい思い出を作ってあげて欲しいのです。

 

日本が誇る日常的な楽しい行事です。

こういう行事は、絶えて欲しくないですし、
面倒や邪魔くさいみたいな扱いにはなって欲しくないのです。

1年に1回しかない年中行事だからこそ、
しっかりと楽しんで思い出作りをして欲しいのです。

 

娘が親になったときに、
こういう大切な想いを子供にしてあげれば、
その子供も次の世代にしてあげることでしょう。

 

想いを世代に伝えていくこと。
大切な想いをバトンタッチしていくこと。

次の世代に、また次の世代に。

4551cc79141c80b99b69d123ba54bf1d_s.jpg

 

そのためには、まず娘に楽しい思い出作りを
僕が、僕と嫁さんが親として、
果たさなければならないのです。

 

そのための料理なのです。
想いを込めた料理なのです。

 

未来へ。
次の世代へ。
代々伝わっていってほしい想いを込めた料理なのです

 

”今”にも”未来”にも
想いを込めて、今年もひな祭りの料理を作ります。

 

料理は代々受け継がれていくものです。

あなたの料理に未来への想いはありますか?


・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたい

その想いを形にする具体策を手渡す個別相談会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

-わが家の料理, お父さん食堂の想い
-,

Copyright© 「家庭の味」を作るオンライン和食料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.