今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

料理の雑学 料理お悩み

暑い夏を乗り切るためのちょっとした工夫

投稿日:

 

 

 暑い日が続きそうですね。

しかも!

台風が接近中なので、

雨の日がずーっと続きそう。。。。

 

ってか、まだ

7月始まったばかりなのに、

真夏日がもう何回も。。。

 

夏休みになったら、

どんだけ暑いんじゃーって感じです。

 

 

そのためには、

やっぱり体調を万全にすることが大切ですね。

 

じゃけえ、

先日は、

夏の暑さを乗り切るために、

体調を壊さないようにするために、

 

夏野菜を食べましょうね。

夏野菜は、身体の熱を冷ます役割がありますよー。

 

とお話ししました。

 

こんにちは。

料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで!
オーダーメイドカリキュラム型料理教室

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

今日は、その続きです。

 

冷たいモノで、身体を冷やすと
逆にだるくなったり、
パワーが出なくなったりします。

 

そのために、

暑くなった身体を

夏野菜を食べることで、

身体の熱を冷ますようにしましょう

とお話ししましたね。

 

でも、

でもなんです。

 

単に夏野菜をただ食べりゃーえーー
ってわけでもないんです。

 

夏野菜にも食べ方ちゅうもんがあるんですね^^

 

それは、

組み合わせて食べること

なんです。

 

 

それは、何か。。。

 

 

それは、身体を活性化させてくれるものです。

 

生姜、ねぎ、唐辛子などの、

薬味ですね。

 

 

薬味がいい効果をしてくれるんですね。

 

例えば、

 

夏の薬味のイメージに生姜って

けっこうイメージできませんか?

 

7d40075a42624d229ae0dfa0de764fdd_s.jpg

 

冷や奴やそうめんだったり、
冬瓜やなすにあわせたり。。。

 

 

 

あれは、

夏野菜で冷やした胃腸を薬味で活性化させている

役割をしているんですね^^

 

 

単に、食材の美味しさだけの組み合わせだけでなく、

身体の栄養面の役割も果たしているんです。

 

 

先人たちってすごいですよね。

長年の経験でこういうことが

できてしまっているんですから。

 

身体がそういうことを求めているんでしょうね。

 

 

それは、今も昔も同じことですよね~。

 

 

夏を乗り切るには、

旬のモノ。

夏野菜を食べてください。

 

その夏野菜に

身体を活性化させる薬味(生姜やねぎ、唐辛子、スパイス)

を組み合わせてください。

 

 

それだけで、夏を乗り切ることができる
薬膳料理になっていますよ。

 

ぜひぜひお試しくださいね^^

 

 

でも、いきなり言われても

・どういうメニューかが具体的に知りたい。

・何が旬のモノかよくわからない。

・簡単に作れる美味しい献立知りたい

と思われる方は、

 

今なら無料

普段の料理のお悩みを解決し、
プロの味が再現できるようになる料理力アップ無料相談会!

でお待ちしています。

暑い夏を乗り切る、一手をお渡しします!

普段の料理のお悩みを解決し、
プロの味が再現できるようになる料理力アップ無料相談会!

個別相談会バナー.png

▽▼▽お申し込みはこちら▽▼▽
http://otousan-syokudo.com/soudannkaiannnai/?m07021
=

【方法】
・ZOOMでの対応になります。(簡単なテレビ電話のようなものです)
スマホ、パソコンをお持ちの方なら誰でも参加可能です。
(日本全国、全世界、対応可能です。)

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

-料理の雑学, 料理お悩み
-, , , , , , ,

Copyright© 「家庭の味」を作るオンライン和食料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.