食材を知る

暑い夏にとりたい旬の食材 ゴーヤ

投稿日:

こんにちは。

料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで!
オーダーメイドカリキュラム型料理教室

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

 

 

今日の本題は、

暑い夏に食べて欲しい旬の食材

についてのお話しです。

 

 

暑い日が続くと、

食欲がなくなったり、

身体がだるくなったりしますよね。

 

原因は、

水分ばっかりとったり、

冷たいモノばかり食べたり、

やたら冷房がきいたところにいすぎたり、

とありますが。。。

 

c3af9d91d4a8e0ac1cf778228052de90_s.jpg

まあ、暑いけえ、

そうなるよね~~

って、

気持ちがめっちゃわかります!

 

でも、

体調も壊したくないので、

 

食材で栄養をしっかりと補って、
暑い夏をのりきろうよ!

って、話しです。

 

 

で、

 

ここでオススメなのは、

 

ゴーヤ

 

です。

 

2aab6d76caea3f8173d135b2aa640d57_s.jpg

 

ゴーヤは、

夏の暑さでほってた身体を冷まし、

熱中症、目の充血、のどの渇き、腫れ物を改善してくれるんです!

 

これだけでも、

おおおっ

と思われる方もいるのでは?

 

 

熱中症!

目の充血!

のどの渇き!

 

なんて、まさに今、ジャストな言葉ですよね^^

 

 

「でも、ゴーヤって苦いからな~~」

「ゴーヤって、ゴーヤチャンプルしか料理知らないわ~」

って思う方もいるでしょう。

 

 

そうですよね。

そういう方いますよね。

 

 

でも、

あれなんですよ。

 

 

やっぱり、

ゴーヤ=苦い

って思われる方多いんですけど、

 

この苦みこそが、夏にとって欲しい栄養だったりするんです。

 

 

良薬口に苦し

なんて言葉がありますが、

まさにそうなんですよね。

 

ゴーヤは夏の良薬なんです。

なので、苦いんです。

 

 

えーーーーー!!

 

我慢せいってこと!

 

と、言いたい方もいると思うので、

苦みを和らげる方法をお伝えしますね。

 

 

一般的には、

一度、ゆでこぼす。(ゆでるってことね^^)

と苦みが和らぐといわれていますが、

 

そうすると、

苦みの栄養までが流れてしまうので、

少し違ったやり方をお伝えしますね。

 

 

 

それは。。

明日に続きます。。。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今なら!「炊き込みごはんのてっぱん黄金比率」テキストプレゼント!

-食材を知る
-, , ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.