料理初心者の男性、料理苦手な女性注目!和食の基本が自宅で簡単に学べる、個人、マンツーマン対応の料理教室。広島から発信

自宅で和食の基本が簡単に学べる通信型料理教室「お父さん食堂」

炊き込みごはん



▼メルマガ登録で無料PDFがもらえます▼
http://otousan-syokudo.com/takikomi01/?kiziue=

わが家の料理

家族が風邪をひくと食べるもの

投稿日:

先日は、ぼくが風邪をひきそうになりましたが、
ついに、ウチの奥さんが風邪をひいてしまいました。

 

こんばんは。
"めしメン" 山下としあきです。

 

お姉ちゃんから始まり、妹、僕、奥さんと
順番に皆、風邪をひきましたね。

 

「ふふっ、これでみんな風邪ひいたね~」

とお姉ちゃんは嬉しそうに笑っていたみたいです。
(奥さん談)

 

こういう時は、うちは決まって晩ご飯はです。

 

しかも、もうコンロで仕上げてしまいます。

 

image1165565.jpeg

 

テーブルの上に鍋とダシを準備して、
具材を食べる時に入れていく。

といったスタイルではなくて、

コンロ(ガス or IH)のコンロで具材を全部入れて、
火を通してからテーブルにその鍋ごと持っていき、食べる。

といったスタイル。

 

見た目はすごく味気ないし、その場で、ダダッっと食べないと
冷めてしまいますが、このスタイルには利点があります。

 

1.洗い物が極力減る。

コンロで鍋ダシを沸かしながら、隣で具材を切って入れていくので、
無駄な洗い物がでない。具材が煮えたら完成なので、実際の食器は、
取り皿と箸ぐらい。。

 

2.具材を下ゆでせずにどんどん入れていくので、栄養がそのままいただけること。

さすがに風邪をひいているので、栄養面は考えたいところ。
体が温まるように、少しの生姜やにんにくを効かせたりしてます。
食べやすいように好きなモノをいれるのもポイント。

3.最後の〆は雑炊で。

やはり最後は雑炊に。具材を食べたらそのままコンロに戻り、
雑炊を仕上げます。しかもさらっとした雑炊ではなくて、
おじや風にして、少しごはんを炊き込んで柔らかくしてから卵を入れます。
風邪がひどいと鍋でも食べれないこともあります。少しでも食べてもらえるように、
消化しやすい優しい食べ物に仕上げます。一口、二口食べてもらえるだけで違いますもんね。

今回の奥さんはしっかりと食べてくれました。

 

あとは、みんなで後片付けです。

洗い物も少ないので、みんなでやればすぐに終わります。

 

 

風邪をひいたら、我が家はこういうスタイルの晩ご飯。

みんなで食卓を囲む。ことは変わりないんですね~。

 

そうすることで、みんなで励まし合ったり、心配したりと。。

 

いい家族関係が築けていっていると思います。

 

 

あなたは、家族が風邪をひいたら何を食べますか?

 

【プロが教える料理のヒミツ、コツをお伝えしてます】

▼メルマガ登録で無料PDFがもらえます▼
http://otousan-syokudo.com/takikomi01/?kizikimatu=
 

-わが家の料理
-, ,

Copyright© 自宅で和食の基本が簡単に学べる通信型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.