食材を知る

夏野菜の役割とは?(旬の食材は、そのまま薬膳になる)

投稿日:

 

こんにちは。

料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで!
オーダーメイドカリキュラム型料理教室

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

今日から7月ですね^^

 

広島は、まだ梅雨なんですが、

ジメジメむしむしと過ごしにくい日々が続いています。

 

梅雨があけたら、一気に暑くなりそうですね。

 

 

温度の変化が激しそうなので、

体調管理をしっかりとして、元気に夏をむかえましょうね^^

 

 

今日は、

旬の食材は、そのまま薬膳になる

というお話しです。

 

 

夏には、夏の食材。

冬には、冬の食材。

を食べることは、

我々の身体が今、必要な栄養素を取り入れていくこと

に直結します。

 

 

どんどん暑くなっていくと、

まず体内の熱が上がってきます。

 

そのため心臓への負担が大きくなり、

胸が苦しくなったり、

息切れなどが多くなったりします。

 

 

ここで注意したいのが、

身体が熱くなっているので、

 

冷たいモノをとりがちなのですが、

これが以外にNGだったりします。

 

(ある程度は、いいんですよ^^)

 

 

冷たいモノをとりすぎると、

逆に胃腸に負担がかかってしまい、

 

余計に身体がだるくなっていくことも。。。。。

 

 

いわゆる

夏バテ

ですね^^

 

 

なので、

 

 

身体を冷やすモノよりも

体内の熱を冷ますものを取り入れることを

せにゃーいけんのですよ^^

 

 

それが、夏野菜なんですね。

a52931357cca122e3121581a84f2c386_s.jpg

 

 

トマト、キュウリ、なす、レタス、ゴーヤ

すいか、セロリ、ごぼう、冬瓜、うなぎ、

 

など。

 

 

夏に代表される食材は、

そういう

身体の熱をさます役割をもっているのです。

 

 

 

暑い日が続いていくので、

 

夏野菜を意識して、

夏の暑さに負けない身体作りをして、

夏を楽しみましょうね^^

 

 

無料プレゼント

迷わない、失敗しない
炊き込みごはんの必須バイブル
オリジナルレシピプレゼント!

-食材を知る
-, , ,

Copyright© 料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで! オーダーメイドカリキュラム型料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.