わが家の料理

【絶賛】ゴーヤのかき揚げとチヂミがうまい~~

投稿日:

 

こんにちは。

料理の"基礎"から"つくりたい"ものまで!
オーダーメイドカリキュラム型料理教室

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

 

ゴーヤ料理を2つ作ってみました。

 

冷蔵庫の残り物と相談して、

ゴーヤを切りながら

「どうしようかな~~~」

なんて考えていると、

2つの料理ができました。

 

まず、

ゴーヤのかき揚げです。

 

写真 2018-08-01 5 30 50.jpg 

 

材料

・ゴーヤ
・鶏むね肉
・玉ねぎ

・油
・玉子
・小麦粉
・片栗粉
・水

 

作り方

1.ゴーヤを縦に割って、種を取り除きます。

2.厚さ2ミリくらいにスライスします。

3.玉ねぎも同じようにスライスします。

4.鶏むね肉は、昆布茶をまぶしてジップロックにいれて密封します。

5.炊飯器に熱湯をいれてジップロックをいれて浮かないようにお皿をのせます。

6.約1時間保温にして、サラダチキンを作ります。
(先に準備しておくと、早いです)

7.できたらサラダチキンを手で割きます。

8.ゴーヤ、玉ねぎ、サラダチキンを混ぜ合わせ、小麦粉をはたきます。

9.水、玉子、小麦粉、少量の片栗粉で天ぷら粉を作ります。

10.フライパンに油を入れて、かき揚げにします。

11,揚がったら完成です。

 

・お好みで、塩、または天だしでいただきます。

 

・天だしの割合は、ダシ4,しょうゆ1,みりん1です。

 

かき揚げをぺったんこにすれば、少ない油で揚がります。

(小さいフライパンでできますし、節約にもなります)

 

次は、

ゴーヤのチヂミです。

 

写真 2018-07-31 20 11 20.jpg

 

材料

・ゴーヤ
・茄子
・乾燥小エビ(そのまま食べれるもの)
・ちくわ

・ごま油
・小麦粉
・水
・玉子

 

作り方

1.ゴーヤの種をとり、スライスします。

2,茄子も同じように切ります。

3.ちくわも同じように切ります。

4.水、玉子、小麦粉を混ぜて衣を作ります。

5.ゴーヤ、茄子、ちくわ、小エビを入れてよく混ぜます。

6,熱したフライパンにごま油を多めにいれて、弱中火で焼きます。

7.焦げ目がついたら、ひっくり返し、また焼きます。

8.焦げ目がついたら、完成です。

 

・酢しょうゆ(酢1、しょうゆ1の割合)でいただきます。

・お好みで辛子、ラー油を足しても美味しいです。

・ポン酢で代用しても大丈夫です。

 

 

2つとも娘たちも喜んで食べてもらえたので、
嬉しかったです。

 

子供が苦手なゴーヤ。

 

ウチの娘は、けっこう好きみたいで、

ゴーヤチャンプルもリクエストされるくらいなんです。

 

苦みのアクセントや歯ごたえを楽しんでいるようです。

 

そして、

今回の料理2つとも、

食べたら、

親指をたてて、

「グッド!」サインまで!

 

やはり家族が喜んでくれると、

特に小さい娘たちが喜んでくれると

料理も楽しいし、

やりがいがありますね^^

 

 

しかも冷蔵庫の残り物から考えた料理でなんて。。

 

 

あなたも、

こういった経験、ありますか?

 

 

普段あるもの。普段使うもの。

で、

気持ちを込めて、料理を作る。

食べる人に想いを込めて料理を作る。

 

 

その料理が相手に喜んでもらえる。

なんて、

とても嬉しくて幸せな!コトです。

 

 

 

頑張って、時間かけて、作っても。

 

「いやーー、なかなか喜んでもらえなくて。。」

「既製品のほうが喜んでるし。。」

「美味しいともいってくれないし。。」

 

なので、けっこうへこむので、

料理に気持ちが入らない。。

って、方もいますよね^^

 

 

でも、それがどうしたんですか!

 

 

また作れば、

それ以上な喜びややる気を得られます!

 

作った料理を家族みんなが喜んで食べる

なんて、

とても幸せな時間空間ですよ!!

 

 


・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたい

その想いを形にする具体策を手渡す個別相談会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

-わが家の料理
-, , , , , , ,

Copyright© 「家庭の味」を作るオンライン和食料理教室「お父さん食堂」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.